グリーンプロポリス、レッドプロポリスって何だ!?

ブラジル産プロポリスの二大巨頭

世界的に高品質であると認められ、流通しているブラジル産プロポリスの中でも、とくに希少価値が高いのが、グリーンプロポリスレッドプロポリスです。どちらも、プロポリス大国ブラジルでさえ特定の地域でしか採集できない貴重なものです。

ブラジル産プロポリスの最高峰であるグリーンプロポリスとレッドプロポリスについてまとめてみます。

グリーンプロポリスとレッドプロポリスの産地、ブラジル

 

グリーンプロポリス

他のプロポリスに比べて有用成分が大幅に多いのが特徴です。生産量が少ないため希少価値があり、高値で取引されています。

 

日本人が発見

いまや世界トップクラスの品質を誇るグリーンプロポリスは、日本人によって発見されました。

養蜂業を営んでいた寺尾貞亮氏は、プロポリスの有用性にいち早く注目していました。20代でブラジルに渡り、それまでにないプロポリスの品種を求めて全国を歩き回っていたとき、ミナス・ジェライス州で濃緑色のプロポリスと出会ったのです。これこそ現在につながるグリーンプロポリスの発見です。

寺尾氏は、グリーンプロポリスの研究に没頭し、現地で採集を推進、ブラジル産プロポリスを世界的に広めるきっかけを作りました。

 

グリーンプロポリスの産地

グリーンプロポリスは、ブラジルの東南部に位置するミナス・ジェライス州の一部とサンパウロの限られた地域で採集されています。発見者の寺尾氏は、高原の広がるミナス・ジェライス州フォルミーガでグリーンプロポリスと出会い、地元の養蜂業者の協力を得て採集をスタートしました。

 

グリーンプロポリスの原料

グリーンプロポリスの元となる植物に、アレクリンがあります。400種類を超えるアレクリンがブラジルには自生していますが、とりわけバッカリス・ドラクンクリフォリアという種類からできるプロポリスは、品質がずば抜けてすぐれています。

バッカリスのアレクリンは、ミナス・ジェライス州周辺にしか見られない貴重な植物です。グリーンプロポリスが高品質と評価される理由は、アレクリンの中でもバッカリスタイプに由来することにあります。

 

グリーンプロポリスの成分の特色

プロポリスの代表的な成分であるフラボノイドは、他の国のものより約20倍から40倍も含まれています。さらに、医療分野で応用が進んでいるアルテピリンCバッカリンなど桂皮酸誘導体に至っては、数千倍の含有量が確認されています。

抗酸化作用の高いフラボノイドが多いのはもちろん、桂皮酸誘導体がずば抜けて豊富なことがグリーンプロポリス最大の魅力です。

 

レッドプロポリス

最近話題のレッドプロポリスは、ブラジルの生産量のうち、たった1%と大変希少性の高い品種です。

 

レッドプロポリスの産地

マングローブが広がるアラゴーアス州パライパ州のごく一部のエリアでしか採集されません。

レッドプロポリスの産地は、ブラジルの中でも北東部にあって赤道に近い場所にあります。他のエリアよりさらに環境が厳しいことが、良質で貴重なプロポリスを生み出す要因と考えられています。

 

レッドプロポリスの原料

産地に茂るマングローブのうち、ダルベルジアという種類に由来するものがレッドプロポリスの主な原料になります。マメ科の樹木なのですが、樹液がイチゴジャムのようなとろみを帯びた赤色をしています。これがレッドプロポリスが赤味を持つ原因です。

 

成分の特色

ダルベルジアから作られるレッドプロポリスは、フラボノイドが非常に多く、すぐれた抗酸化作用が期待されます。アントシアニンイソフラボンなど、美容分野でよく利用されるフラボノイドが他のプロポリスより1.2倍から1.5倍程度多く含まれています。

 

グリーンとレッドの使い分け

希少価値ではどちらも甲乙付けがたい2つのプロポリス。どういう目的で飲み続けるかによって、おすすめの種類が分かれます。

 

有用成分たっぷり、グリーンプロポリス

グリーンプロポリスは、『プロポリスの王者』のような風格です。一般的なプロポリスの成分が、軒並み大量に含まれています。とくに、プロポリスならではの桂皮酸誘導体(アルテピリンCやp-クマル酸など)の効果をより強く体感したいならこちらがおすすめです。

 

女性にやさしい、レッドプロポリス

レッドプロポリスは、フラボノイドが特に多く含まれています。抗酸化やホルモンバランススキンケアなど、女性が常に摂取しておきたい成分がたっぷりです。

グリーンプロポリスほど特有成分の量は多くはありませんが、「お肌をもっと輝かせたい」「スタイルを良くしたい」といった女性にぴったりです。

 

おすすめのプロポリスサプリメント

 

 

 

コメントは受け付けていません。